e防人の理念・考え方と運用について解決すべき点e防人の将来像

たくさんの協力していただく方々に、この仕事を手伝って頂くに当たり、ルールを決めておかなくてはなりません。

現在考えられる解決すべき点を重要度順に並べます。
  1. この感染症は人類が初めて経験する感染症であるという判断をどのように行うか。
  2. この感染症は伝染病(ヒトからヒトへの感染症である)という判断をどのように行うか。
  3. 1.と2.が明らかになった、また明らかになりつつあることをどこに報告するか。
  4. 1.と2.を判断するのに通常の臨床検査項目を通常期間かけて行うことに意味があるか。
    ないとしたら何を優先するか。
  5. 1.と2.が確認された、または確認されつつある段階で、現場の医師を含め医療関係者をどのように守るか。
  6. 社会に対して何をどのように(マスコミなど)伝えるか。
  7. 感染者を1.と2.が確定するまでの間にどのように追跡するか。または隔離するか。
  8. 個人保護法や患者の守秘義務に対して、新型感染症拡大防止のため超法規的医師の判断はどこまで許されるか。
  9. 過去の新興再興感染症の集団感染をデータベース化して問題解決の糸口にできないか。
以上の点について議論して頂くようになると思います。

Copyright (C) 2006 Kyushu University.All Rights Reserved.